秘書も大事な戦力?社長クラスになると、大事な存在は本当?

秘書の入れ替わりが多いのか?

秘書という仕事がありますが、社長など大幹部付のような仕事なので、プレッシャーは半端ないでしょう。派遣で行く以上ライバルが多いですよね。社長直属の仕事だけに、ミスは許されないです。秘書は完璧に出来なければなりませんが、ボディガードのように体を張る仕事でもないです。社長の後に就いているので、調整役として大きな役割を担っています。社長よりしっかりしていないと、大役は務まらないでしょう。秘書は入れ替わりで次々新たな人材が登場しますが、派遣できていると期間限定だったら契約と同時にサヨナラするので、出来の良かった秘書は社長の中で印象に残るでしょう。

秘書は何人いるのか?

テレビに映ると、社長の周りに複数の男女が近くにいます。誰が秘書で、この人はどんな仕事なのかと興味はありますが、社長付の仕事している人は色んなジャンルを持って社長の役立とうと必死に頑張っています。社長の権限が非常に強い人ならば、秘書を何人も抱える事が出来ますが、それぞれ役割を当てて活躍の場を与えていくでしょう。秘書は簡単な仕事ではないですが、成功した時は達成感と安堵感がありますよね。秘書は実力者でないと務まらないというイメージです。

実力者の秘書は気に入られると安泰かも?

秘書は注目を浴びる仕事ではないでしょう。それでも有名な社長だと、マスコミは常に近づいてきます。そこでカメラを当てられると、顔を指されるだけで有名人気分を味わえますよね。一時であっても秘書の存在感が増しますが、あくまでも影武者として扱われます。雇用は派遣で、契約満了と同時に更新、満了のどちらか選べます。実力あって有名な秘書クラスだったら、契約満了と同時に去るとなると、各方面からオファーが殺到するでしょう。

秘書の派遣業務では、社長などのスケジュール管理など求められるので秘書検定を所有していると安心できます。