集合住宅は防犯カメラがあることでトラブルを防げます

集合住宅における郵便受けのトラブル

集合住宅は郵便受けが一箇所に集中してるため、郵便物のトラブルが絶えないことがあります。防犯カメラを付けることで不審者が出入りするのを一部始終見ることができるので、普段人がいない所には取り付けた方が安心です。嫌がらせ目的で郵便物を入れることもあるので、防犯カメラ作動中のステッカーがあるだけでも犯罪を減らすことができます。不要なチラシが入っていた場合、住民が他の郵便受けにチラシを入れることもありますが、防犯カメラがあることでそうした行為をやめさせることも可能です。

ベランダ側にも防犯カメラがあると安心です

集合住宅の1階はベランダ側が狙われやすいですが、人が近づいてきたときにセンサーが感知して明かりを点すと同時に作動する防犯カメラがあれば、不審者を近寄らせる率を減らせます。昼間の時間帯でも人がいないとわかれば侵入してくる恐れがあるので、防犯カメラはベランダ側にも取り付けておいた方が安心して暮らせます。不審者は空き巣だけとは限らず、犬の散歩でフンをさせたり、猫のエサやりで周辺を汚すこともあるので、防犯カメラで監視するようにするとトラブルを減らせます。

予算が足りないときはダミーの防犯カメラで対応

防犯カメラをたくさん取り付けたいときに予算的な関係で数が限られてしまうときは、ダミー式の防犯カメラを取り付けるという方法もあります。ダミーなのでカメラとしての機能は持っておらず中は空っぽですが、外見は普通の防犯カメラと全く同じ作りになっています。カメラで死角になりやすい所で犯行に及ぶケースもあるのでダミーのカメラを取り付けて、全方位に防犯カメラがあるということを相手に気づかせることで防犯意識を高められます。

防犯カメラの映像は犯罪行為の有効な証拠となりますが、カメラを設置するだけで抑止効果を発揮する為、ある程度、犯罪を未然に防ぐ事が出来ます。