フランチャイズの種類を簡単にまとめてみました

飲食関係のフランチャイズは意外と多い

飲食関係のフランチャイズは、昔から数多くあります。有名なのが焼き鳥チェーン店や居酒屋チェーン店です。以前は数年修行をして暖簾分けというシステムでしたが、今はいきなり開業ができるタイプの飲食店があります。理由はセントラルキッチンという考え方が各企業に浸透しているため、フランチャイズのお店にも配達できる様になったからです。お店ではマニュアル通りに従えば、初心者でも簡単に調理できる状態で食材が届くので簡単な研修のみで開業する事ができます。

小売店は昔と考え方が違う

フランチャイズでの小売店は、コンビニやお弁当屋さんになります。最近では質屋やリサイクル店も増えてきています。以前は、元々酒屋やクリーニング店を営む人を対象に、本部側からフランチャイズ契約を持ちかけていましたが、今は完全に逆で、脱サラした人や定年退職した人が申し込むスタイルになっています。また、土地や店舗を所有していない人でも、300万円程度で開業できるので人気のフランチャイズになります。店舗も専任スタッフが立地の良いところを見つけてくれるので、経営に成功するかどうかはオーナー次第になります。

技術系のフランチャイズは営業力がカギ

最近ではハウスクリーニングやカーシェアリング、キーサービスなどのフランチャイズも人気で加盟する人は増加傾向にあります。加盟料も50万円程度のものもあり、ロイヤリティも数万円程度なのも人気の背景にあります。これらの仕事は技術やサービスが顧客満足度を満たすものであれば口コミで一気に広がっていきます。また、近隣の住民や企業に営業をかける事で、収益の増加も見込めます。成功者の中には2店舗目も出している人もおり、努力次第で大金を稼ぐ事ができます。

代理店の場合、充実したサポートを受けながら営業を行うことができるため、初めての商売でも不安を感じずに済みます。